2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/29 (Thu) 育ててみます。

ちょっと前から話題の 『塩麹』


体にイイと聞いて 気になってましたが


作るのは大変そう~と思っててねぇ。。。

でも 最近じゃ すぐに使えるものも売っていて 数週間前に 試しに購入。


そしたら お肉。特に 鶏肉が いつもよりやわらかい!!!


なんか一味違って 美味しい気がする・・・。

おいしくて 体にイイなら・・・と 使い続けてみたくなりました。

で リピ買いしに行ったんだけど やっぱり麹から作ったほうが安いんだろうなぁ。。。と

麹も購入。



クックパッドで 作り方を検索して やってみました。

麹(乾燥) 200g
塩 60g
水 300ml

DSC_0056.jpg
麹に 塩を混ぜて 水を注ぎ 少し混ぜて 平らにし タッパーなどの密閉容器(金属製なもの以外がいいようです)に入れて 軽くフタを乗せる程度(空気が通る隙間があったほうがいいそうです)にして10日から1週間。毎日混ぜたほうがいいみたい。

・・・と 簡単そうなレシピにてチャレンジ。(昨日の夕方)


ただ 今朝 ふと思ったのですが 私が買った麹は 乾燥タイプなのか 生タイプなのか・・・?

地元の直売所みたいなところで買ったのですが 特に 乾燥とも生とも記載がなく

ネット検索で出てくるような 乾燥でもないみたい。 

で。 賞味期限が かなり短いので 生タイプ?

FxCam_1332970973948.jpg

麹初心者なので 麹というものがどんなものかも知らず・・・(恥)

乾燥と 生があるということも 初めて知り・・・・・・・・ガーーーン!!!

乾燥だとか 生だとか気にせずに作ってしまったので どうやら使ったレシピは 乾燥タイプのものでした。


水の分量がいいのか悪いのか・・・。
レシピによっては 麹より1cmも水が上にあると 腐ってしまう!!!と書いてあるものもあり 水はひたひたくらいで 減ったら足す・・・とあるのもあったので 急遽 水を減らし 塩分も減ってしまうだろう・・・と 塩を少しだけ足し・・・と かなり適当な分量になってしまいました。翌日に減らしてもよかったのだろうか?ナゾ・・・。

(汗)

色々検索してみたら 

生タイプは 水と 麹が1:1くらい。
300gの麹に 水が 300ml~350ml(塩は 乾燥と変わらないくらい)
やっぱりちょっと水が多かったね。。。

どうなるんだ my麹。



なんだか 不安。

生き物って訳じゃないのに すごく心配になっている私(苦笑)

育ててるってことですかね・・・(=_=)?


うまく 育ってくれますよぅに☆ミ



==ランキングに参加中!!!==
お帰りに がんばれーのポチを!
br_decobanner_20120101171556.gif

こっちも ポチッ!


っとしてくださると 喜びます♪

                    いつもありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


<<ダイソーで お買い物。 | TOP | 傘入れ。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://1208maki.blog130.fc2.com/tb.php/246-823decd8

| TOP |

プロフィール

Mckee

Author:Mckee
from:nagano
blood type:O
birth year:1977

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FREE

IRIS
DIYのコーナーに紹介していただいてます。




















Ranking

br_decobanner_20120101171556.gif





Rakuten

キニナルモノ

















































FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
インテリア・雑貨
345位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。